PRKOUR LIFE
世界は僕らの遊び場だ
雑記

経団連会長、就活ルール廃止に言及?!

 

経団連会長、就活ルール廃止に言及「日程采配に違和感」

経団連会長が2021年以降の就活ルールの廃止に言及しました。

ようやく無意味なルールが無くなりそうですね!

個人的には凄く良いことだと思います。

日経の記事にもあるとおり、外資やベンチャー企業は採用面接解禁ルールなど無視して、時期に関係なく採用選考を行っているところがほとんどです。

就活ルールを本当に守って採用を行っている企業なんて経団連の中でも本当に僅かな企業だけでしょう。

そして、表向きはルール通りの採用スケジュールで採用を行っていると見せかけている企業でも、裏ではリクルーターが動いて早期から優秀な学生の囲い込みを行っている場合がほとんどです。

 

そもそも経団連の就活ルールは内部労働市場と長期雇用が前提の仕組みが前提にある新卒一括採用のためのルールです。

新卒を同じタイミング一気に採用し、揃って教育し、順番に効率よく昇進させていくための新卒一括採用システムに適したものでした。

ところが現在では、労働力の流動性は増えつつあり、終身雇用といった雇用制度も崩れつつあります。

必ずしもこれまでの就活ルールが企業のニーズにマッチしているとは言えなくなってきているのです。

そういった企業側の背景がありつつも、大学側の就活の前倒しは学業の妨げになるという主張により、ルールが変更されることはありませんでした。

しかし、この経団連のルールには法的拘束力はもちろん無く会員企業に対する拘束力もないので、ルールを守る意味が無いのです。

事実上、守る意味のないルールなので、前述した通りほとんどの企業が無視して採用活動を行なっています。

 

実際に、この就活ルールが廃止されることにはなれば、新卒採用市場はだいぶ変わるはずです。

よりインターンが積極的に行われるようになり、アメリカのように実力が評価されて採用されるような市場に近づいていくのではないでしょうか。

学生にとって競争が激しくなるデメリットはあれど、選択肢やチャンスの幅は広がるはずです。

 

就活ルール廃止によって、企業はより尖った採用を、大学はその存在意義を、学生は自分のキャリアについてより考えることを強いられます。

考えて行動まで移せる人達にとっては面白い世の中になるのではないでしょうか。

就活ルール廃止、個人的には期待してます。

 

 

 

ABOUT ME
Shunta Shirai
テクノロジーとパルクールというスポーツが大好き人間です。 運動神経0からYouTubeで『パルクール』を学び世界大会Art of Motion出場/ITベンチャーでプログラマーを経験し独立/X-TRAIN 東京にてパルクール教室開催中/フリーランスプログラマー/ 仮想通貨 Ethereum CryptEconomic /Timebank で時間販売中