PARKOUR LIFE
世界は僕らの遊び場だ
仮想通貨

ビットコインETFとは?仮想通貨復活の一番の起爆剤!?

ビットコインETFとは?仮想通貨復活の一番の要因!?

ビットコインETFとは?そもそもETFって?

2018年7月現在、一時期は約200万円まで達していたビットコインも現在は70万円前後まで落ち込み、仮想通貨全体は下落トレンド。

今回は、下降トレンドから上昇トレンドへの転換のきっかけとなるファンダメンタルの一つとして直近で最も注目されている要因であるビットコインETFについてまとめてみました。

ETFについて

ビットコインETFとはビットコインを投資対象としたETF(Exchange Traded Fundの略)で、ETFとは日本語で言うと上場投資信託のことを指します。

上場投資信託とは証券取引所に上場している投資信託です。

投資信託というのは、テーマに沿ったいくつかの銘柄(国内・国外株式、国内・海外債券、金などのコモディティなど)を組みわせて作った金融商品で、
投資家から集めた資金を運用会社が代わりに運用し、得た利益を利息や配当金を投資家に還元する仕組みの金融商品のことを指します。

投資信託では、多くの時間と知識が必要となる金融取引を、プロの投資家に運用を任せることで投資判断から取引までを全てすべて行ってもらうことが出来ます。

また、複数の銘柄に資金を分けて分散投資をすることで、値下がりなどのリスクを軽減することが出来ます。

ETF(上場投資信託)は、証券取引所の厳しい審査をクリアすることを条件に、証券取引所の取引時間帯内で株式のようにより簡単に取引が可能であったり、
投資信託では行えない信用取引などを行うことが可能です。

ETFは上場株式の取引と投資信託の良いとこ取りをしたような金融商品ということになります。

ビットコインETFについて

2017年は、仮想通貨元年と言われるほど軒並み仮想通貨が驚異的なパフォーマンスを挙げており、その勢いでビットコインETFの上場申請がいくつも行われました。

しかし、SEC(証券取引委員会)はビットコインが価格操作や詐欺が起こる可能性がある、法的な規制の枠組みがまだ整っていない、流動性や管理保管の難しさなどを理由に承認を見送ってきました。

仮にビットコインETFの上場申請をSECが許可すると、これまで仮想通貨取引所などの限られた場でしか取引されなかったビットコインが、
証券取引所で扱われるようになることで、個人投資家だけでなく特に機関投資家から大きな資産が流入することが期待されています。

ビットコインETFの現状と直近の動向について

ビットコインETFのこれまで

ビットコインETFが証券取引所で取引されるようになるにはSEC(米国証券取引委員会)が申請に対して許可を出さなくてはなりません。

これまでいくつもの申請が行われてきましたが、SEC(証券取引委員会)から認可がおりたことはまだありません。

SECの投資管理ディレクターであるDalia Blass氏がビットコインETFへの5つの懸念を書簡で述べたこともあり、現在までビットコインETFへの熱は若干下火となっていました。

ビットコインは“商品(コモディティ)” 米連邦地裁判決後の初のETF申請

7月8日に、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、ニューヨークに拠点を置く金融系企業であるVanEck社と、
ビットコインのセキュリティに定評のあるSolidX社の2社によって提供されるビットコインETF(上場投資信託)を、CBOEがリストしたいとSECに新たに申請しました。

ビットコインが米連邦地裁によって、「ビットコインのような仮想通貨はコモディティ(商品)である」との判断を下した後の初のETF申請となるので、SECの動向に注目が集まっています。

今回のETFが注目される理由!承認の可能性が高い!

今回のビットコインETFは以下の理由から承認される可能性が以前よりは高いと言われています。

CBOCのビットコインETFが承認される可能性が高い5つの理由
  1. 米連邦地裁がビットコインはコモディティであると判断したことにより、規制に当てはめやすくなった。
  2. シカゴ・オプション取引所(CBOE)は確立され、認知度が高く、規制された取引所であり、BTC先物を一番最初にSECから承認されている。
  3. 保管されているビットコインに何かあったとしても、様々な保険会社によって最大1億2500万ドルまで保証されている
  4. 1口の最小取扱単位が25BTCからとなっており、大口機関投資家をターゲットとしているので、個人投資家が高いボラティリティによって損をすることが少なくなるように配慮されている。
  5. VanEck社は広く認められている投資運用会社であり、SolidX社はブロックチェーンと仮想通貨分野で、セキュリティと技術の専門性が高い。

シカゴ・オプション取引所によるビットコインETFの申請を受け、6月26日にSECが出した文書によると早ければ8月10日、さらに延長があった場合は9月24日頃にビットコインETFについて判断が下されるようです。

また、現在SECはビットコインETFについて市民から広く意見を聞くために、サイトにてコメントの受付を開始。ポジティブな意見も数多く届いているようです。

まとめ

仮想通貨取引所BitMexのCEOであるArthur Hayesは、SECによるビットコインETF承認をきっかけに年末のビットコインの価格は5万ドルをつけると予想しました。

今回の申請でビットコインETFが承認されるかどうかは、まだわかりませんが、USの規制の整備は堅調なので、そう遠くない日に承認されることは間違いないでしょう。

承認の有無に関わらず、SECの判断が下れば仮想通貨全体のトレンドに影響を及ぼすことは間違いないので、8月10日あたりのSECの動向は要注意ですね。

 

ABOUT ME
Shunta Shirai
テクノロジーとパルクールというスポーツが大好き人間です。 運動神経0からYouTubeで『パルクール』を学び世界大会Art of Motion出場/ITベンチャーでプログラマーを経験し独立/X-TRAIN 東京にてパルクール教室開催中/フリーランスプログラマー/ 仮想通貨 Ethereum CryptEconomic /Timebank で時間販売中